マレーシア求人ガイド

マレーシアは東南アジアの今まさに成長を続ける国です。

そして日本と比較して物価がとても安い事が挙げられます。2000リンギットもあれば十分なコンドミニアムで生活ができます。また給料次第では高級マンションでプール付き、メイド付きの生活も可能で(駐在員の多くはそのような生活)日本からマレーシアに来て働く人も多いんです。

実際、わたしの友人の父親は私たちが子供の頃からマレーシアに工場長として働いていました。そのまま業績を伸ばし、支社長にまでなりましたからね。発展途上の国へ進出する企業で働く、ということはこういったメリットもあるんですね。

そして今IT関係の企業が多く存在し、そこでの募集も増加しています。SEやヘルプデスク、WEBプログラマなどの他、高度技術者、ハイスペック求人が見られます。職種によって給料に幅がありますが現地採用者の技術者で10000リンギット(30万円)ですので、かなりいい生活ができます。IT系のPMやPLならもっともらってもおかしくありません。

マレーシアでのビジネスは英語力が問われますがそこまででもありません。TOEIC650からスタートすればOKといった求人条件がめだちます。

当サイトではIT系求人に見られる情報を掲載していますが、マレーシアでの仕事全般や生活スタイルなどについても詳細を知りたい方は以下のサイトを参考にされると良いと思います。

マレーシア求人ガイド:マレーシアで働くならまずココから

日本人がマレーシアで働きたいと言っても、すぐにそんな事って難しい現実があります。

転職者のバックグラウンド、語学力、キャリアによってルートは異なるのです。もし何も武器をもたずにマレーシアで、という話であれば、まずは日本企業で働いてスキルを磨くこと、マレーシアに進出してる企業なら異動願いを出すなど長いスパンでみた計画も必要になる場合もあるのです。