日系金融会社のシステムプロジェクトマネージャーの求人・高給与!

日系金融会社がマレーシアで求めている人材にシステムプロジェクトマネージャーがあります。
海外へ進出を進める金融会社が増えている中で、東南アジアでも発展が目覚ましいマレーシアは特に注目される国となっています。
新規参入をすることによってマレーシアに特化したシステム開発や保守に関わる責任者となるプロジェクトマネージャーの存在は必要不可欠です。

システムプロジェクトマネージャーとして業務経験がある方にとっては、新たな土地となるマレーシアで自分の力を試すことができる良いきっかけとなります。
プロジェクトチームの中でリーダーとして指揮をとることができ、システムの開発や運用に対して専門的な知識と技術力を持っていることが必須のスキルとなります。
そのため、これまでに実際に業務経験がある方には採用の際に優遇される可能性が考えられます。
過去の実績が多く、高い評価を受けるものであった場合は採用時にも期待できる結果が得られると思われます。
プロジェクトマネージャーとしての経験がなくても、システムの開発や運用に携わった経験があり、十分な知識と技術力を有して尚且つリーダーシップをとることができる人材であると判断される場合は、未経験者でも採用される可能性もあると考えられます。
特にPM試験の合格者であれば十分な知識と技術力を持っていることが認められますので、積極的にアピールすることが大切です。

システムの開発や運用に際して責任者となる立場になることから、待遇も非常に良いことが期待されます。

日系IT企業でのネットワーク導入やクラウドサービス等の導入提案

ここ数年は東南アジアに進出する日系IT企業が増加傾向にあります。
東南アジアの国々の中でも注目されているのがマレーシアです。
マレーシアは治安が比較的安定していることや人件費が安いことなどの特徴があり、日系IT企業にとっても発展させやすい国として注目されやすいです。
国の政策として東南アジアを代表するIT先進国となるために積極的にITインフラの整備を行ったり、国内企業に対しての支援などを実施していることから、主にネットワーク導入やクラウドサービス導入の提案を勧める仕事があります。

ネットワークやクラウドサービスなどの導入を提案する仕事に就く場合は、やはりIT業界での勤務実績がある方は優遇されて採用される傾向があります。
特にネットワーク構築や運用に関する知識を持っている方にとっては有利になる仕事となるでしょう。
現地スタッフや顧客などとコミュニケーションをとるためにも、ある程度は英語力を持っていなければいけません。
最低でも日常会話レベルからビジネスレベル程度の英会話能力を持っている方でなければ採用は難しいと思われます。
企業としても即戦力で仕事に従事することができる方を採用したいという意向を持っている可能性が高いので、海外勤務を経験したことがある方にとっては有利になるでしょう。
仮に未経験の方であっても、チャンスがゼロということではありません。
仕事に対する熱意を持ち、企業の業績アップに貢献できることをアピールすることで有利になるでしょう。

日系IT企業でのシステムコンサルタントの求人

IT先進国へと変化を遂げているマレーシアで日系IT企業が参入し新たな市場を開発しています。
色々な仕事がある中で注目されているのがシステムコンサルタントの仕事です。

システムコンサルタントは顧客のシステム開発において基本的な構想や企画を担う大切な仕事に従事します。
まずは顧客がどんな業務を行っているのかを確実に理解し、その中で発生し得る問題点を再確認してどのように問題解決することができるかと細部に渡って細かく分析する能力が求められます。
システム開発におけるプロジェクトチームの中でSEやPGとうまく連携を組まなければいけないので、コミュニケーション能力がなければ難しいとされている仕事です。
また顧客に対して納得してもらうことができるプレゼン力も必要になります。
IT技術に関して幅広い知識と経験を有していることが求められる仕事でもあります。
IT関連の資格取得者であれば高度なIT技術と知識を持っている方であることが証明されます。

日系IT企業でも非常に力を入れている仕事になりますので、仕事に対するやり甲斐が感じられる大きなメリットがあります。
IT技術者の中でも待遇面が良く、平均年収は600~1000万円程度になることからも高収入になることが期待されます。
システムコンサルタントとしての経験を重ねて、実績も増やすことによってより高く評価され、どんどん収入をアップさせることも期待できます。
求人案件としても人気が高い仕事になるので、チャンスがあれば積極的に就職活動をしたいところです。

外資系BPOでのカスタマーサービスの求人

マレーシアで人気のある仕事として、外資系BPOでのカスタマーサービスの仕事があります。
カスタマーサービスの職種としては様々ですが、基本的にはお客様のサポート業務を担う仕事になりますのでコミュニケーションを円滑に行なうためにも英語力が必須になると考えられます。
お客様との会話だけでなく、関係部署に連絡を行なう場合にも英語を使用するケースが想定されますので、コミュニケーションレベルの英語力がなければ仕事に従事することができないと思われます。
最初から応募条件として英語力を持っている方と指定されている場合がありますので事前に確認しておくことが大切です。

カスタマーサービスの仕事ではお客様からの連絡に基づき、データ入力を行なう必要もあります。
ある程度事務作業に慣れている方でなければ仕事をスムーズに行なうことができない場合も考えられるため、できればカスタマーサービスでの業務実績がある方が求められる場合もあります。
関係部署との連絡を密に行なうことが必要になるため、コミュニケーションをうまく図ることができなければ仕事を円滑に進めることが難しいと考えられます。

外資系BPOの場合は待遇面も良いことから、高収入を期待することもできます。
待遇が良い分、仕事に対する評価は厳しい目で見られる可能性が高いことから、真摯にカスタマーサービス業務に徹することが求められます。
未経験の方であっても採用のチャンスはありますので、目の前にお客様がいる感覚で丁寧に接客を行なう意気込みで仕事に従事することが大切です。

外資系BPOでの営業・販売の求人情報とは

マレーシアで募集をしている仕事内容に外資系BPOでの営業・販売の仕事があげられます。
様々な職種において顧客の新規開拓や業務拡大に必要不可欠となる存在として営業や販売を行なう方の力が必要とされています。
東南アジアを代表する国として発展が期待されているマレーシアにおいて、自分の可能性を求めて仕事に従事する方が増えています。

営業や販売の仕事を行なう場合は国内と同様でコミュニケーション能力が必須となります。
国内でも営業や販売の仕事を経験している方にとってはこれまでの実績を活かすことができるため注目すべき仕事となります。
ただ日本とは違った顧客対応力が必要とされる可能性もあることから、未経験者の方にとってもチャンスがゼロということにはなりません。
例えば実際に営業や販売を行った経験がない方であっても、取り扱っている商品に詳しい知識がありコミュニケーション能力があると判断されれば採用される可能性が高いと考えられます。
どんな方であっても自分のスキルアップに繋がるきっかけとなることは間違いありませんので、積極的に活動することが大切です。

マレーシアでの勤務となれば英会話スキルは必須になると考えられます。
ほんの少し理解できるという程度ではうまく営業や販売活動を行なうことが難しいと思われますので、ビジネスレベル程度の英語力を身につけていなければいけないと思われます。
待遇面も仕事の成果に応じて収入アップも見込むことが期待されるため、積極的に仕事に従事するようにしましょう。

日系IT企業の顧客のサーバー&ネットワーク管理の求人・仕事

日系IT企業がマレーシアで募集している仕事の中に顧客のサーバーやネットワークの管理を担う仕事があります。
ITインフラが急速に発展しているマレーシア国内において、サーバーやネットワークの管理をきちんと行なうことができるIT技術者の存在は必要不可欠となっています。
不測の事態が発生した時に的確にサーバーやネットワークを復旧し、安定して運用させることが必要になりますので、専門的な知識と技術を有していることが求められます。
特にネットワークのトラブルは頻繁に発生する可能性もあるため、柔軟に処置をすることができる人材が求められています。

場合によっては顧客である企業に常駐することが必要条件となる場合もあります。
社内で円滑なコミュニケーションをとるためにもある程度は英語力がなければうまくいきません。
応募条件に記載されていない可能性もありますが、必ずどの程度の英語力が必要になるのか確認しておくと良いでしょう。

これまでにサーバーやネットワークの管理を実務で経験していた方にとっては、今までの実績を活かせる最大のチャンスとなります。
未経験の方にとっては確実に自分に任せてもらっても大丈夫と胸を張って言える実力がなければ採用が難しい場合もあります。
ただ経験者であってもコミュニケーション能力がないと判断されれば採用が難しくなることは否めません。
大切なことは「自分に安心してお任せください!」とアピールすることができる実力を持っていることなので、積極的に主張するようにしてください。

日系IT関連会社のウェブデザイナーの求人

日系IT関連会社がマレーシアで募集している職種にウェブデザイナーの仕事があります。
企業のIT化が進展している中で、先進的なデザインのウェブサイトを構築することは急務となっています。
顧客がイメージしているウェブサイトを実現させるためには、高い技術力を持つウェブデザイナーの力が必要とされます。
Photoshop、Illustratorなどの画像専用ソフトを使いこなしながらクライアントが希望しているデザインを作り出す技術力を持つ人材が求められます。

ウェブデザイナーに求められる知識は幅広く、HTMLやXHTML、CSS、HTML5、Flashなどの基礎知識は必須とされています。
その他にPHPやJavaScriptなどのプログラミングの知識やWordPressやMovable TypeなどのCMSの知識もあると良いとされています。
ウエブサイトの制作に関わる技術は日々進化を遂げていることからも、新しい情報を柔軟に取り入れることができる人材が求められます。

ウェブデザイナーとして実務経験を積んだ方であれば即戦力として仕事に従事することができますが、クライアントの意見をきめ細かく取り入れるためにも英語力は必須のスキルとなります。
実際には企業で仕事に従事したことがないという意味で未経験の方であっても、ウェブデザイナーに必要とされるスキルを数多く持っている方でその能力を認められることができれば採用されるチャンスはあると考えられますので、積極的に実力をPRしたいものです。

マレーシア企業のクラスAサーフェスモデラーの求人情報

マレーシア企業の求人を確認するとクラスAサーフェスモデラーの仕事が募集されていることがあります。
Alias、Catia V5、ICEM Surfなどの3次元CADを駆使して車または車に使用する部品のデザインなどを担う仕事を担当することになります。
製品開発において3Dデータを設計することが非常に重要な要素となり、サーフェイスモデラーは自動車業界において必要不可欠となる存在です。
クラスAサーフェス光線の映り込みや曲線の具合によって評価が分けられることからも、重要な仕事を担うことになります。

これまで実際に同様の業務経験者であれば即戦力として仕事に従事することができることから、優遇して採用される可能性が高いです。
自身の経験を十分にアピールすることで今まで以上の高収入を見込むことも十分可能だと思われます。
ただし、どんなに技術力が高い方であっても、マレーシアで仕事をする以上はコミュニケーションレベルの英語力は必須になると考えられます。
高度な英語力を要求されることはないかもしれませんが、少なくてもプロジェクトチーム内でうまく意思疎通ができなければ良い製品開発に繋げることができません。
そのためある程度は英語力に自信を持っていなければ採用される可能性が低くなると考えられます。
実務経験がない未経験者の場合は経験者に比べると不利になる可能性もありますが、企業が求めている人材であると認められれば採用される可能性は十分にあります。
自分の新たなスキルアップを図るためにも、新天地で仕事に従事することを前向きに検討してください。

マレーシア企業の解析エンジニアの求人とは

マレーシア企業の求人に解析エンジニアの仕事が存在している場合があります。
製品作りの工程の中で欠かすことができないのが解析作業です。
CAE解析や構造の分析をしてシュミレーションをし、修正する箇所やデザインを最終的に決めるために必要な的確な提案を行います。

解析エンジニアに求められるスキルとしては、CAE経験や構造解析や流体解析の経験がある方が優遇されて採用される傾向があります。
自動車メーカーなどにおいて設計業務に携わった経験のある方についてもこれまでの実績を買われて優遇される可能性が高いです。
これらの経験者の場合は即戦力として仕事に従事することができるため、マレーシア企業においても職場の中心的人物として仕事に従事することができると考えられるため、やりがいを感じられると思われます。
実務経験がない方にとっては若干不利になる可能性がありますが、技術的なスキルを持っていて尚且つコミュニケーション能力などが長けている方であれば上手くアピールすることで採用される可能性も考えられます。

マレーシア企業において仕事をするためには、英語力がなければ円滑に仕事を進めることができません。
現地スタッフとのコミュニケーションも必要になる場面があると考えられますので、必要最低限の英語力を身につけていなければ厳しい部分もあります。
採用する企業としても、あらかじめ英語力が必要なスキルとして指定している可能性が高いので、事前に確認しておくようにしましょう。

マレーシア求人ガイド

マレーシアは東南アジアの今まさに成長を続ける国です。

そして日本と比較して物価がとても安い事が挙げられます。2000リンギットもあれば十分なコンドミニアムで生活ができます。また給料次第では高級マンションでプール付き、メイド付きの生活も可能で(駐在員の多くはそのような生活)日本からマレーシアに来て働く人も多いんです。

実際、わたしの友人の父親は私たちが子供の頃からマレーシアに工場長として働いていました。そのまま業績を伸ばし、支社長にまでなりましたからね。発展途上の国へ進出する企業で働く、ということはこういったメリットもあるんですね。

そして今IT関係の企業が多く存在し、そこでの募集も増加しています。SEやヘルプデスク、WEBプログラマなどの他、高度技術者、ハイスペック求人が見られます。職種によって給料に幅がありますが現地採用者の技術者で10000リンギット(30万円)ですので、かなりいい生活ができます。IT系のPMやPLならもっともらってもおかしくありません。

マレーシアでのビジネスは英語力が問われますがそこまででもありません。TOEIC650からスタートすればOKといった求人条件がめだちます。

当サイトではIT系求人に見られる情報を掲載していますが、マレーシアでの仕事全般や生活スタイルなどについても詳細を知りたい方は以下のサイトを参考にされると良いと思います。

マレーシア求人ガイド:マレーシアで働くならまずココから

日本人がマレーシアで働きたいと言っても、すぐにそんな事って難しい現実があります。

転職者のバックグラウンド、語学力、キャリアによってルートは異なるのです。もし何も武器をもたずにマレーシアで、という話であれば、まずは日本企業で働いてスキルを磨くこと、マレーシアに進出してる企業なら異動願いを出すなど長いスパンでみた計画も必要になる場合もあるのです。